京つう

  旅行・観光  |  右京区

新規登録ログインヘルプ


2013年01月28日

貴船神社

寺院の数が多数を占める京都府の観光名所の中にあって、やや異彩を放っているのが貴船神社です。
この貴船神社は日本全国各地に450もの神社を構えており、京都府の貴船神社はそれらの総本社にあたります。
よって、この京都府の貴船神社こそが、真の貴船神社と呼べるという事になります。

貴船神社は水神である「高龍神」を崇めており、晴れを請う場合には白馬を、雨を請う場合には黒馬を奉納していたようです。
特に祈雨に関しては、かなり積極的に行なわれていたようです。

そういった昔ながらの由緒正しい面が強いので、観光客は年配者が多い……そうかというと、実はそうでもなく、若年層の観光客がかなり多く訪れています。
その要因は二つあって、一つは縁結びの神社としても知られているという点です。
そしてもう一つは、様々な小説や漫画、ゲームなどの舞台となった事で、若い人たちが興味を持つケースが多いからです。
そんな背景もあり、貴船神社には毎年数多くの若いカップルが訪れています。

貴船神社は紅葉が美しい場所としても知られており、京都府の中でも屈指の紅葉名所に数えられています。
元々が人気スポットなので、紅葉というオマケまでついてくると、その魅力が更に倍増し、紅葉シーズンにはかなり多くの観光客が訪れます。
特に、ここ数年は若い男女が携帯を持ってその景色や、景色と溶け込む自分達の姿をカメラに収めるという風景が良く見られます。
実際とてもきれいなので、是非一度足を運んでみてください。
  


Posted by ヲタベ  at 23:17紅葉狩り

2012年02月13日

「和」の街、京都

京都府は、長年修学旅行の行き先の一つとして定番化していますよね。
それだけではなく、老若男女問わず、様々な人々が観光に訪れます。
海外志向が強くなった昨今、観光客は減るどころかむしろ増え続けています。
これは凄い事じゃないでしょうか。
ガソリン価格の高騰で海外旅行のコストが大きく増えている今、国内旅行が見直されていますが、その筆頭に立つのが京都府ということになりそうです。

そんな京都府が、何故飽きられる事なく観光名所のトップとして君臨し続けているかというと、それにはいくつもの理由が考えられます。
まず始めに、これまで築き上げてきた実績を挙げない訳にはいかないでしょう。
「そうだ、京都へ行こう」というフレーズが一時期はやりましたが、それが成立するくらい、京都という場所には行く事が当たり前のような雰囲気があります。
それは、「京都=観光名所」という公式を、長年の積み重ねによって築いたからです。
特にお年寄りの方は、こういった歴史の重みを大事にしますので、京都に好んで旅行に行く人は多いようです。

それに平行して、京都はとても「和」を重視している都道府県と言えます。
この「和」は「和風」の和でもあり、「平和」の「和」でもあります。
日本古来の良さ、美しさを絶やす事なく守り続け、常に平和な空間を提供しています。
これによって、安心して旅行にいけるという心理が旅行先を探している人に与える事ができるのです。
旅行には、刺激を求める人と、癒しを求める人がいます。
京都は主に後者を求める人が多く訪れます。
ですから、桜や紅葉などといった自然も非常に豊かで、紅葉の時期は特にその紅葉の映える風景を見に、たくさんの人々が訪れます。

※おすすめ -お茶のサイト
http://minkara.carview.co.jp/userid/612895/blog/  


Posted by ヲタベ  at 08:20その他

2012年01月17日

冬の京都は美しい

紅葉の季節が終わり、木の葉が地に落ちてくる季節になると、冬の到来を告げる風の音が聞こえてきます。
京都府の冬は、そんな寂しい風景が非常に似合います。
それは、温かみのある和を基調とした京都府にとってはあまりなじまないはずの風景なのですが、実際に見てみると、そこが逆に哀愁を誘い、とてももの悲しげな風景に涙するくらい、感情を揺り動かされるのです。


というのも、盆地は夏には熱が逃げにくくとても暑いのですが、同時に冬はとても寒いからです。
寒波が逃げにくく、いつまでも留まっているからです。
ですから、お寺めぐりを冬に行う人は少なく、観光客もこの季節が一番少なくなっています。

とはいえ、だからこそ冬の京都は美しいです。
まず、本来京都府の町並みは、静かなほうが確実に映えます。
和の美しさは沈黙の中にこそあり、ごちゃごちゃした環境だと、どうにも映えません。
そして、寒いからこそ雪が降り、積もります。
純白の雪を覆ったお寺はとても美しく、荘厳で、そして儚く目に留まります。
お寺のような神聖な場所と、白い雪はこの上なく相性がよく、ある意味紅葉以上に美しいかもしれません。

そんな冬が徐々に終わりに近づき、3月あたりになると、各お寺には梅の花が咲き誇ります。
特に梅宮大社は、その名が示すとおり、とても美しい梅の木がたくさんあります。
和風の建築物と梅は、桜に負けないほど収まりがよく、観光客もこの頃から一気に増えてくるようです。
紅葉の季節同様、この時期も自然が最も映える瞬間ですね。

  


Posted by ヲタベ  at 18:31すばらしい四季